猫に多い病気!下部尿路疾患について〜かかった治療費から食事まで

 

今日テレビでやっていたんですが、

尿路結石は世界三大激痛に入るんだとか。。

まぁ、これは人間の話ですけど

それでも、うちの子もよっぽど痛かったと思うんですよね。

やっぱり食事には気をつけてあげないと!と思いますね。

 

おかしいと感じた症状

その子その子によって違うと思うのですが、

うちの猫ちゃんはある日突然

トイレに行く回数が増えました。

そして、おしっこをする体勢が

いつもと明らかに違っておかしかったんです。

よくよく見ていると、何回もトイレには

行くけど、おしっこは出ていない感じでした。

おかしいなと思いながらも様子を見ていたら

最終的にはそこら中でおしっこ垂れ流し状態!

といっても、つまっていてしっかり出ないので

ぽたぽた垂れる感じで膀胱もばかになっていたんでしょうね。

この状態までになるのに4、5日だったと思います。

ここまでで血尿は少しあり、食欲は普段どうりでした。

 

考えられる原因

・毎日のおやつ

獣医さん曰く、おやつはあまり良くないんだそうです。

何が原因かは言われてはいませんが、

おやつについては強く指摘を受けました。

もともと色々なナチュラルフードを

与えていて、食事には気を使っている

つもりだったのですが、、

 

通院から手術費用まで

<初期費用>

・だいたい1万円ほど

病院へ行き、レントゲンと血液検査をしました。

先生からは、結石になって尿道が詰まっていると。

この子は尿道が細くまりやすいんだと言われました。

処置としては注射と点滴と飲み薬でだいたいは

良くなっていくそうです。

それでもずっと治らなかったり、治ってなってを繰り返している子は

最終手段として尿道を新しく作るという手術をするという事です。

<通院費用>

・注射、点滴で1回約4500円ほど

3日間通いましたが、全く良くならず

手術することに。

<手術費用>

・ペット保険には入っておらず、約15万円ほど

入院して2日後に手術、それから約1週間ほど

入院して問題なければ退院という流れでした。

 

退院後の食事管理

退院してから抜糸やなんやで2回ほど

病院へ行き、その後4ヶ月ほどたっていますが

問題なく状態は良好です。

が、油断は禁物です。

徹底した食事管理が必要だそうなので

食事にはかなり気をつけるようになり

病院ですすめられたフードを与えています。

→ロイヤルカナン pHコントロール 食事療法食

 

まとめ

一度病気にかかった子は、徹底した食事管理が

必要とのことだったので、食事療法食を

オススメします。

獣医さん曰く、病気にかかる前だったら

下部尿路疾患に配慮したナチュラルフードなど

でもいいそうです。普通の人では成分表を見ても

なかなか判断できないと思うので、一度獣医さんに

確認してもらうと良いかもしれませんね。

全ての猫ちゃんがかかるわけではないですが

とても多い病気ではあるので

普段から気をつけてあげたいと思いますね。